UA-52748201-1

2015年09月24日

第2話「竜児と大河」

今度はオープニングがあったので、情報量が増えた。


歌はポップな感じで可愛かったです。映像もそーゆー雰囲気を大切にしてる気がしました。

不思議と艶を感じさせる絵がたまに挟み込まれてるのも良いアクセント。

あれ?木刀が大河の標準装備になるの?最初だけかと思ってた…。これぞライトノベル。

出て来てないもう一人のキャラはクールな変人…?自販機の隙間でジュース飲むってインパクトあるなぁ。


同じ家から出てくる。やたら一緒に居る。放課後に2人でクッキー食ってる。

などの不審な行動により案の定、周りに恋人同士だと誤解される竜児&大河。


第2話で大河の魅力が見えてきた感じです。

やっぱり家庭環境が悪かった上に手乗りタイガーって言われるのも不本意だったようで、暴れっぷりとは裏腹に内心グジグジしてます。

でも暴れるからこそ手乗りタイガーなんだろうしなぁ…。分かってもらえないのは自分の責任でもあるはず。


電柱に不満をぶつけて2人で蹴りを入れまくるシーンは好きです。

そのあとの大河の方からの恋愛援護の契約破棄まで含めて、一番の山場でした。

毎日朝ごはんを食べに来てた大河が居なくなると米が余るというのは、言葉にならない寂しさを感じさせますね。餌付けタイガー。


そして親友ズはド変人でした。

櫛枝さんは一人で賑やかだなぁ。屋上にいきなり北村が立ってた時はさすがに笑った。

そこは笑ったけど、告白シーンでの北村は何考えてるのか全然わからなくてちょっと不気味でした。

『大河を幸せに出来るのは竜児だけ』と考えてるならば、ずっと前から大河の事を気にかけていたって事になりますけど…。

1年前の話とやらがそこに絡むのかな?大河が北村を好きになった理由もそれだろうし。


次回は竜児の想い人・櫛枝さんがメインのようです。

オープニングで何でバット振ってるのかと思ったらソフト部みたいですね。そりゃそうか。


<あにこれ-好さんの投稿より>

【読んでわかる「とらドラ!」の最新記事】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。